“ヴァージンシアバター”って 普通のシアバターとどう違う?

「神秘の木」シアから生まれるとびきりの保湿成分シアバター。

現地では神秘の木として崇められているシアの木。
通称「シアベルト」と呼ばれるアフリカ サヘル地帯にのみ生育し、人工的に栽培することはできません。実をつけるまで数十年を要しその実の収穫も3年にたった1度きりです。

その実の種子からとれる「シアバター」は欧米では食用、美容等に古くから愛されてきました。高保湿成分·柔軟成分と皮脂に近いと言われている成分を主としており、乾燥からお肌を守る保湿効果が抜群と注目されています。

“ヴァージンシアバター”って普通のシアバターとどう違う?

近年、美容分野を中心に注目を集めているシアバターですが、化粧品として流通するもののほとんどは化学的処理を施した「精製シアバター」です。安定していて大量生産に向いていますが、精製過程で多くの有効成分※が失われてしまい、精製に使用された化学物質も残留してしまうと言われています。

これに対して、化学的処理を施していないものを「ヴァージン(未精製)シアバター」と呼び、有効成分※を多く含んだままの状態。お米なら玄米のようなもので栄養たっぷり!精製したものに比べ、お肌へのなじみもよく、高品質なものはとても稀少となっています。

『トゥルシア』は、木で完熟するまで栄養を蓄え、自然に落果するのをじっくり待った果実の種子からとれる希少な高品質「ヴァージンシアバター」のみを使用しています。

※不けん化物質に含まれる微量成分

トゥルシアの原料になるヴァージンシアバターは、原産国より直輸入。

稀少かつ高価な高品質ヴァージンシアバターですが、独自の直輸入ルートを確立することで、新鮮なうちに可能な限りコストを抑えて配合する事が可能となりました。

「トゥルシア」は、この直輸入ヴァージンシアバターをさらに複数回ろ過したものをベースに、厳しい品質管理のもと綿密なチェックに合格した原材料のみを使用し、日本国内での製造過程においてもろ過を重ね、安定した品質で開発・製造しています。

ブルキナファソ駐日大使より推薦状
TOP